シリーズの迷走。『ゼノブレイド3』レビュー

任天堂
この記事は約7分で読めます。

始めに

『ゼノブレイド3』レビューを書いていきます。

独創性完成度快適さボリュームフィクションその他判定
664774良(34)

ややきびしい評価です

ゲームフィクションについて

あらすじ

 機械技術を発達させた「ケヴェス」、エーテルと呼ばれる技術を扱う「アグヌス」の2つの国家が争う世界、アイオニオン。2つの国家の国民は人造生命体で、その寿命は10年です。戦う事を宿命付けられた者達ですが、周囲がその環境に何の疑問も持たない中で、失われた命を弔う「おくりびと」の役割も担うケヴェス兵のノアはその生活に苦悩しています。

 そんなある日、ノア達ケヴェス兵に任務が課せられます。その内容は謎のエネルギー装置の破壊。その地へ赴き、そこで現れた巨人の圧倒的な力にノア達は苦戦するも、謎の男がエネルギー装置を動かし、ノアはアグヌス兵の少女ミオと融合、その力で切り抜けます。

 ノア達は攻撃を受けた例の謎の男の元に駆け寄り、その男から「本当の敵」と戦うべきである事と、大剣の突き立つ大地「シティー」を目指すよう言われ、そのまま男は死にます。

シリーズについて

 シリーズ(1{DE}.クロス.2.3)一作目が好評をもって受け入れられたのは、割りとコンシューマーの暗黒時代だった第八世代のハード時代にあって、グラフィックではなく、伝統的なJRPGやMMORPGのジャンルを発展させることで、かような斬新かつ画期的で、しかもユーザーが求める作品を展開できるということを今一度再確認させてくれたからでした。P4()と重なり、FF13MGS4とは対照的でした。暗黒時代にあってユーザーやメーカーが見失っていた伝統的な王道RPGのポテンシャルを今一度再認識させてくれた作品でした。

 そんな作品だった一方で、このシリーズ(1{DE}.クロス.2.3)自体は、ゲームメカニクスのデザインが煩雑になっていき、さながらスティングやトライエース作品のような尖った路線へと展開していきました。これはこれで面白いものの、シリーズの原点が評価された部分とは違う方へ進んでいっている印象もします。

またストーリーも王道の少年漫画やジブリ作品のような冒険物語から、深夜アニメ風の萌えゲー路線に転換していきます。

既視感のある設定の多さとキャラの魅力のなさ

 設定は膨大で、シリーズ(1{DE}.クロス.2.3)の1と2を繋ぐ内容になっています。

 主人公達は10年しか生きられず、殺し合いをして命を奪わないと生きられない、みたいなデスゲームっぽいシチュエーションが設定されており、なんか全体的にみたことある深夜アニメの寄せ集めな印象も受けました。

 とにかくキャラクターが弱いです。生の哲学をめぐるスペキュレイティブSF的な要素も薄味だし、悪役もコテコテなキャラクターばっかりで魅力がありません

ゲームメカニクスについて

戦闘

従来からの要素

 このシリーズ(1{DE}.クロス.2.3)はFF12(ZA)と似てMMORPGの影響が顕著です。FF12(ZA)と共通するのはエンカウントの空間デザイン、ヘイトコントロールの重要性です。ただ、リアルタイムのコマンド入力、連携という特定アクションの重要性など、異なるギミックもあります。FF12(ZA)のガンビットのような、NPCのアルゴリズムをデザインする要素はなく、AIのアホさが目に付きます。

 フィールド上を敵がうろついてます。リアルタイム戦闘で、通常攻撃など一部の要素は自動化されています。メンバーから3人を選んでパーティーを組みますが、戦闘中以外ならメンバーは入れ替えられます。そのうちプレイヤーが操作するのは1人で、残りの2人はAIオートで行動します。

 ヘイトが最も多く蓄積されたメンバーを敵は攻撃目標にします。ヘイトが一番高くなっているキャラには赤い印がつきます。背後や側面はダメージが入りやすいです。このようなことがあってヘイト管理と位置取りがシリーズの重要な要素です。

 パーティーゲージという連携技ゲージがあります。最大3ゲージを全消費してチェインアタックを発動できます。本作ではブレイドというユニットの必殺技による攻撃になってます。シリーズ(1{DE}.クロス.2.3)通してチェインアタックは強いです。

ここまでは前からの要素です

新要素、クラス

 2ではシリーズのバトルにおいてコンボの要素が強化されましたが、本作からはクラスによるバリアブルアクションの要素を拡大しました。シリーズ(1{DE}.クロス.2.3)の2からさらにユニットの属性のバリエーションを増やした感じです。

 戦闘は最大7名が参加します。主人公6名にサポートキャラである「ヒーロー」が設定されます。ユニットはそれぞれ「クラス」を持ち、バランスよく配置することが重要です。
 キャラクターのクラスは「アタッカー」「ヒーラー」「ディフェンダー」いずれかです。
クラスは他のクラスへの変更が途中で可能になります。
 クラスのランクを上げることで「マスタースキル」「マスターアーツ」を獲得し、他のクラスでもスキルとアーツを組み合わせてカスタマイズできます。FF5のジョブチェンジのようなデザインです。

煩雑になったものの…

 このシリーズはどんどんシステムが煩雑になっていくのですが、煩雑になる一方でバランスは悪くなっている印象もします。

 とくに本作は複雑で理解しづらいだけで、ただ攻撃をしのいでチェーンアタックすればたいていなんとかなるという劣悪な調整になっています。

 全体的に新しいアプローチがそれぞれうまく噛み合わない印象です。地下迷宮シリーズ(1.2)と一緒で、ルールが複雑になっても戦略性はむしろ低下し、効率的なアプローチが少ないです。

探索

 このシリーズ(1{DE}.クロス.2.3)は探索要素のボリュームとクオリティが高いです。

 ブレイド2にもあったフィールドスキルが、今作ではクエストを進めることで習得するようになりました。前作ではフィールドスキルはエンゲージされているブレイドの分だけしか反映されず、わざわざその度に付け替えなくてはいけなかったので、だいぶ改善された印象です。

総評

一応良作だが

 シリーズ(1{DE}.クロス.2.3)として、正直逼塞感を感じさせます。4が出たらまた難解なゲームメカニクスになるのかという懸念があります。

タイトルとURLをコピーしました