『バットマン アーカム・シティ』レビュー

ワーナーブラザーズ
この記事は約7分で読めます。

始めに

 『バットマン アーカム・シティ』レビューを書いていきます。

独創性完成度快適さボリュームフィクションその他判定
884690優(35)

ゲームフィクションについて

あらすじ

 ゴッサム・シティの市長になった元アーカム・アサイラムの所長、クインシー・シャープは、精神科医ヒューゴ・ストレンジと、ゴッサムのスラム街全域を隔壁で閉鎖して巨大刑務所にする「アーカム・シティ計画」を実行します。アーカム・アサイラムとブラックゲート刑務所に収監されていた犯罪者全員がアーカム・シティへ移送されました。

 バットマンたるブルース・ウェインは、記者会見を開き、アーカム・シティ計画へ反対します。しかし演説中、ブルースはアーカム・シティの私設軍隊「TYGER」の傭兵達によって政治犯として強引に逮捕され、アーカム・シティに投獄されます。

バットマンの集大成たるシリーズ

 アーカムシリーズ(AA.AC.AN)はバットマンのコミックやティム=バートン監督『バットマン』『バットマン リターンズ』、クリストファー=ノーランの『ダークナイト』三部作(1.2.3)など、関連作品のさまざまなエッセンスを抽出しつつ、バランスの良いバットマンの世界観をデザインしています。

 ベースは松竹大船調風のノーラン版のようにも見えますが、ハードでシリアス一辺倒なノーラン版には欠けている、バートン版にある人工的な世界の醸す独特の不気味で愛嬌のあるムードが演出されてもいます。

ゲームメカニクス

フリーフローコンバット、ステルス、モービルバトル

 シリーズ伝統のフリーフローコンバットは健在です。『Marvel’s Spider-Man』に真似されましたが、全体的に本作はステルス要素も含めて『Marvel’s Spider-Man』に似ています。基本的にはボタン連打で攻撃し、攻撃されそうになるとマーカーにそれが示され、その攻撃のバリエーションに合わせて、カウンターや回避など適切なアプローチを選んでいきます。通常の攻撃が通らない敵にはガジェットなどを通した攻撃で防御を崩していきます。

 本作からステルス要素が強まり、ワイヤーや煙幕、撹乱機などガジェットを駆使して、敵を孤立させたり混乱させたりしつつ、物陰からじわじわと敵を減らしていくのが楽しいです。『アンチャーテッド』シリーズ(2.3.4)のステルスと比べても、武器のバリエーションや空間の上下の奥行きの広さがあって、勝るとも劣らないカジュアルで爽快なステルスを楽しませてくれます。

関連作品、関連おすすめ作品

・『スリーピングドッグス 香港秘密警察』:フリーフローコンバット。

タイトルとURLをコピーしました