クソゲー。『牧場物語 オリーブタウンと希望の大地 SPECIAL』レビュー

マーベラス
この記事は約13分で読めます。

始めに

『牧場物語 オリーブタウンと希望の大地 SPECIAL』レビューを書いていきます。

独創性完成度快適さボリュームフィクションその他判定
742650可判定(24)

ゲームフィクション

あらすじ

 昔、おじいちゃんが開拓した街「オリーブタウン」の話を聞いた主人公はオリーブタウンに住む夢を持つようになりました。

 やがて成長した主人公はオリーブタウンに行きました。そしてヴィクトルの案内で牧場についた主人公は荒れた牧場を目にします。

全体的にリソース不足

 このシリーズは似たような作品ばっかりだからクソゲーになる要因少なそうなのですが、本作はちゃんとクソゲーです。

 このシリーズは、結構人を選ぶゲームで、基本的にはエコノミー要素の作業ゲー要素、キャラゲーとしてのアドベンチャー要素の2つの要素が作品の根幹なのですが、本作はアドベンチャーとしても作業ゲーとしても弱いです。アドベンチャーはボリューム不足で、作業は遊びにくいです。

ゲームメカニクス

探索

恋愛

 主人公は男女を決めることが出来、また外見、声、仕草、服装等を選択できます。
 恋愛候補は男女5人ずつで計10人。有料DLCで恋愛候補が男女3人ずつ追加されます。
 本作では、複数の恋愛候補と同時に恋人関係になれます。しかし恋仲を解消はできず、結婚も一人しかできません。また同性のキャラクターとも結婚できます。正確には同性とは結婚ではなく「大親友」ですが、結婚と変わりません。

 また結婚後に条件を満たすと子どもが誕生します。

 ただ本作はアドベンチャー要素における会話パターンが恋人になっても極端に少ないです。

住民

 オリーブタウンの住人と仲良くなると街発展のためのクエストも出現し、オリーブタウンを発展させられます。
 本作では誤ったプレゼントをあげると好感度が下がることがなくなり、好感度が下がる行動もなくなっています。ここは好印象です。

 ただ会話パターンが極端に少なく、どうもマップのデザインにリソースを割かれてしまっている印象です。

フィールド

開拓

 本作の牧場は木々や草に覆われています。木はオノで、石はハンマーで、草はカマで除去でき、それで素材を入手できます。素材は施設を作るためのクラフトに使えます。
 日数経過によって、木、草、石はランダムで発生します。池や雨で発生する水たまりはバケツで汲み取れます。

 これは高頻度で発生するので、土地整理に割かれる虚無な時間がマップのボリュームと相まって膨大です。雨の日の翌日には水たまりも配置されるのに加え、草などが配置される場所はランダムなので非常にストレスフルです。

 資材を集め、未開の領域に進むこともできます。

クラフト

 本作では資材からどこでもクラフトできます。素材は基本的にはそのままクラフトに用いられず、メーカーを設置してそこに投入し、加工する必要があります。メーカー1つにつき1つの素材しか同時に加工できず、一定の時間を要します。

関連作品、関連おすすめ作品

・『ドラえもん のび太の牧場物語 大自然の王国とみんなの家』:最近のおすすめ牧物

・『スターデューバレー』:牧物ライク。

・ライザのアトリエシリーズ(1.2.3):エコノミーとクラフトの魅力

 

タイトルとURLをコピーしました