良作。『ロックマン ゼロ2』レビュー

カプコン
この記事は約15分で読めます。

始めに

『ロックマン ゼロ2』レビューを書いていきます。『ロックマン ゼロ』シリーズ(1.2.3.4)の一作です。

独創性完成度快適さボリュームフィクションその他判定
884672優(35)
  • 相変わらずアクションもステージも高水準
  • やりごたえある内容
  • サイバーエルフなど、致命的な欠陥がそのまま

ゲームフィクション

あらすじ

 前作でネオ・アルカディアの統治者コピーエックスを倒したゼロ。ゼロは囮となり、シエル達は逃げ延びます。

 それから一年後。シエル達はエルピス達の協力で、新たなレジスタンスベースを建造します。ゼロはネオ・アルカディアの追撃により遂に力尽きるものの、何者かにより助けられ、新生レジスタンスベースで目を覚まします。そしてシエルたちと共にネオ・アルカディアと対峙します。
 そんな時、新レジスタンスの司令官エルピスは「正義の一撃作戦」と称したネオ・アルカディア総攻撃を試みるものの失敗。失敗がもとで、エルピスはかつて強大な力「ダークエルフ」に魅せられます。

Xシリーズの派生作

 Xシリーズ(1[無印,イレ].2.3.4.5.6.7.8)からの派生作品で、時系列的にはあとです。シリアス路線を継承しています。
 従来は主人公はイレギュラーハンターでしたが、今シリーズは主人公は言われもなくイレギュラー扱いされる存在となっていて、それぞれの立場の正義が描かれます。

シリーズの総評

 シリーズ(1.2.3.4)全体の印象としては、 Xシリーズ(1[無印,イレ].2.3.4.5.6.7.8)を継承し高い完成度を誇りつつも調整不足な1、調整不足を残しながらマイナーチェンジした2、サイバーエルフなどデッキビルド周りのシステムが洗練された最高傑作の3、3を踏まえつつも曲の強い要素を加えた4、みたいな感じです。

ゲームメカニクス

デッキビルド

装備

 前作のトリプルロッドに代わる新武器、チェーンロッドが登場。攻撃範囲はトリプルロッドと同じ8方向。また、先端をコンテナや敵に突き刺せば引き寄せ、天井や壁に突き刺せばターザンロープのような空中移動ができます。スキルアップするとトリプルロッドと同じ振り回しチャージ攻撃が可能になります。

フォームチェンジシステム

 従来のゼロの姿をノーマルフォームとし、ステージ中のゼロの行動でフォームが覚醒します。選択すると攻撃力や防御力に変化が起きたり、さまざまな変化をします。

 このフォームはXシリーズ(1[無印,イレ].2.3.4.5.6.7.8)のアーマーと近いものの結構違っていて、ミッション内で特定フラグで覚醒し、ミッション終了でフラグがリセットされます。

EXスキルキャプチャリング

 ゼロのレベルがSかAのときのみ、ボスのEXスキルを手に入れられます。Xシリーズ(1[無印,イレ].2.3.4.5.6.7.8)のラーニング技に近いです。
 ゼットセイバーは取得元のボスと同属性のエレメントチップを装備すると、強化されます。バスターは対応した属性のときのみ発動します。シールドブーメランはジャストタイミングで相手の攻撃を弾くとEクリスタルに変化、チェーンロッドは突き刺した敵からライフ吸収をできます。

サイバーエルフシステム

 育成に必要な「Eクリスタル」が抑えられたものの、使うとリザルト減点なのは変わらずです。EXスキルのためにはミッション点でSかAが必要なので使いにくいです。

 ここはロックマン ゼロ』シリーズ(1.2.3.4)の3でようやく改善されます。

関連作品、関連おすすめ作品

・『Cuphead』『Dead Cells』『Hollow Knight』『ブラッドステインド:リチュアル・オブ・ザ・ナイト』:横スクロールの名作。

You cannot copy content of this page

タイトルとURLをコピーしました