最高傑作。『ロックマン ゼロ3』レビュー

カプコン
この記事は約15分で読めます。

始めに

『ロックマン ゼロ3』レビューを書いていきます。『ロックマンゼロ』シリーズ(1.2.3.4)の一作です。

独創性完成度快適さボリュームフィクションその他判定
894673優(37)
  • システムが完成された
  • シリーズ最高の完成度
  • 難易度がカジュアルになって賛否ありそう

ゲームフィクション

あらすじ

 ネオ・アルカディアの最深部に封印されたダークエルフを取り込んだエルピスでしたが、ゼロによって倒されます。

 ネオ・アルカディアからの攻撃も沈静化してきたある日、レジスタンスに宇宙船が雪原に落ちた報告があります。その現場にダークエルフと同一のエネルギー反応があると知ったシエルは、ゼロとレジスタンスの仲間と調査します。

Xシリーズの派生作

 Xシリーズ(1[無印,イレ].2.3.4.5.6.7.8)からの派生作品で、時系列的にはあとです。シリアス路線を継承しています。
 従来は主人公はイレギュラーハンターでしたが、今シリーズは主人公は言われもなくイレギュラー扱いされる存在となっていて、それぞれの立場の正義が描かれます。

シリーズの総評

 シリーズ(1.2.3.4)全体の印象としては、 Xシリーズ(1[無印,イレ].2.3.4.5.6.7.8)を継承し高い完成度を誇りつつも調整不足な1、調整不足を残しながらマイナーチェンジした2、サイバーエルフなどデッキビルド周りのシステムが洗練された最高傑作の3、3を踏まえつつも曲の強い要素を加えた4、みたいな感じです。

ゲームメカニクス

デッキビルド

装備

 『リコイルロッド』はトンファーっぽい武器です。チャージ攻撃は衝撃で敵を吹っ飛ばしたり、ブロックを押したり、特定の壁や床を破壊したりできます。
 また下方向に使うとゼロ自身が大ジャンプできます。

チップ

 ヘッド・ボディ・フットの3部位にチップが装備できます。エレメントチップはボディチップ扱いとなりました。Xシリーズ(1[無印,イレ].2.3.4.5.6.7.8)の5以降のチップシステムを踏まえる感じです。

 ヘッドチップはチャージ短縮やリジェネレート、フットチップは2段ジャンプやダッシュ中無敵など様々です。特定のチップを同時に装備すると、隠し効果が発揮されます。

 サイバーエルフもあるので、デッキビルドの自由度が高いです。シリーズ(1.2.3.4)の4ではさらにチップによるデッキビルドが拡大します。

サイバーエルフ

 サイバーエルフが従来の「フュージョン」と、新種「サテライト」の2タイプになりました。
「サテライト」のエルフは2つまで装備可能です。「フュージョン」タイプのエルフと違い、使っても減点されません。その代わり2つまでしか装備できない制約があります。
 一部のエルフはEクリスタルで改造し、サテライトとフュージョンの入れ替えもできます。またエルフの性能を向上する「バージョンアップ改造」も追加されました。
 前作のフォームチェンジはエルフに回収されました。

 ようやくサイバーエルフがデメリットなしで使えるようになったことが感動です。

探索

 『シークレットディスク』に、キャラクター名鑑や一部のパワーアップチップ、サイバーエルフが入っています。新しい収集要素です。
 

関連作品、関連おすすめ作品

・『Cuphead』『Dead Cells』『Hollow Knight』『ブラッドステインド:リチュアル・オブ・ザ・ナイト』:横スクロールの名作。

You cannot copy content of this page

タイトルとURLをコピーしました