最高傑作ではないがかなり面白い『Far Cry New Dawn』レビュー

UBIソフト
この記事は約14分で読めます。

始めに

『Far Cry New Dawn』レビューを書いていきます。シリーズ(1.2.3.4.5.6.pr.nd)でも面白い部類ではあります。

独創性完成度快適さボリュームフィクションその他判定
774573良(33)

ゲームフィクション

あらすじ

 5での核戦争による世界の崩壊から17年。

 モンタナ州ホープカウンティでも、生き残った人々は各地でグループを形成し、独自のルールの下に組織を築き上げていました。中でも、気性の荒い双子の姉妹ミッキー&ルーによって率いられる「ハイウェイマン」は、各地で人々から略奪を行っていました。

 米国の各地で生存者たちを手助けしていたトーマス=ラッシュ率いるグループのキャプテンであったプレイヤーは、ホープカウンティに向かった矢先に「ハイウェイマン」の襲撃を受け、トーマスが連行されます。プレイヤーはこの地に根付いたコミュニティ「プロスペリティ」と協力しつつ、圧政を敷くミッキーとルーらに立ち向かいます。

5の続編

 胸糞エンドでプレイヤーを絶望させた5の続編が本作です。

 5ではラスボスで鬼畜だったジョセフ=シードをなぜか殺すことができず、どうあがいても絶望的なバッドエンドでプレイヤーを啞然とさせましたが、本作ではジョセフ=シードを殺すことができます。とはいえ後付でジョセフが普通にいいやつになっていて、なんとも言えないことになっています。

 ただ5と比べるとスッキリした終わり方にはなっています。

前作キャラの扱い

 本作では、5のサブキャラクターの一部が登場します。しかしハドソン、メアリーなど、前作で割と出番が多く印象的だったキャラクターはだいたいもう死んでいるので、やりきれない気持ちになります。神父とかは出てきてくれて嬉しかったですが。前作主人公もめちゃくちゃ扱いが悪いです。

敵の魅力のなさ

 本作は敵の黒人姉妹のギャングがラスボス格(最後に戦う敵ではないですが)なのですが、この二人は世間的にも個人的にも評判が悪いです。

 魅力がないというよりは、悲劇的なバックグラウンドや神秘的なカリスマ性のなさなどから、ファークライシリーズの悪役らしさが出てないという印象です。プライマル、6と似た感じです。

ゲームメカニクス

オープンワールド

移動

 4からグラップリングフックを投げ、岩場を直接登れるようになりました。『アサシンクリードオデッセイ』にも通じます(あちらほどどこでも登れるのではありませんが)が、移動は快適かつ自由度も高くて楽しいです。『Just cause3』も連想します。
 自動車やヘリも優秀です。足が豊富にあるため、探索はサクサク進めることができます。

 ただマップが大幅に縮小しているので、飛行機を使うまでもないです。

探索

 5では膨大なスケールのアメリカ北部モンタナ州の大自然がオープンワールドとしてデザインされていてなかなか感動的でしたが、本作は5からマップのスケールを三分の一程度に縮小しています。

 これに伴い、イベントやミッションも大幅に縮小しています。

ミッション

 本作はミッションが格段に少なくなりました。しかも拠点制圧任務と資源収集任務はリソースの使い回しがひどく、同じマップの敵を強化しただけのデザインです。ボリュームは5から激減してます。

 あと本筋のミッションも派手なドンパチを楽しめないギミックステージみたいなのが増えた印象です。

戦闘

シューター要素

 5から目に見えて戦闘と育成周りのバランスが改善されており、このあたりは遊びやすくなっています。

 今回はRPG要素が強くなり、どういうことかというと武器にランクがあって、武器ランクよりもランクの高い敵と戦うとダメージに大きなマイナス補正が入るため、上位ランクの武器制作のために拠点開発任務をこなさないといけなくなっています。

 武器は鍛えると成長を実感しやすく楽しいです。ナンセンスな内容のものも多く、6などへ継承されます。

 このせいで、育成の手間は増えたもののゲームバランスが改善しています。あと5みたいな敵の大量配置が抑えられました。

仲間がナーフ

 一方で、仲間NPCが大幅に弱体化し、がっかりしました。今回は復活にリソースを要する上、火力も抑えめになっています。しかも今度は一度に一人しか仲間を使えません。

 5はどの仲間も強くて戦っていてかけあいが楽しかったのですが、本作の仲間は当たり外れがあり、足を引っ張ることが多いです。

エデンの恵み

 本作では、道中で追加perkを獲得し、これによって二段ジャンプや透明化などの超能力を得ます。なかなか画期的で、サイパンなどに継承されます。

 二段ジャンプは楽しいですが、マップが狭くてあまり恩恵を感じられないのがいまいちです。

育成

 5からスキルツリー(といっても前提スキルが必要なスキルは少なく自由に取れる)制のPERKなのですが、育成すると成長は実感しやすくそれは楽しいのですが、ただ本筋をただ進めているだけだとあまり強くならないのがネックかなと思います。

 パークのためのスキルポイントも漫然と戦闘やミッションをこなしているだけだと溜まりにくいですし、武器や拠点開発のためのリソースのエタノールは拠点制圧のサブミッションからしかほぼ入手できないため、脇道に進まないとずっと弱いままです。

関連作品、関連おすすめ作品

『ラストオブアス』シリーズ(1.2),『バイオハザード リベレーションズ2』,サイコブレイクシリーズ(1.2):資源のエコノミー要素のあるシューター。

 

 

タイトルとURLをコピーしました